会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター    
 
         
         
 
 
 
 
    TEL 045-972-4197
 
  メールはこちら
 
 
 
 
 
 
   すべての商品 > 緊急時7秒で設置!?後続車に停車を警告、追突事故からドライバーと同乗者の命を守る傘型停止表示板PULLi(プーリィ)
 
 
 
前の商品 緊急時7秒で設置!?後続車に停車を警告、追突事故からドライバーと同乗者の命を守る傘型停止表示板PULLi(プーリィ) 次の商品
 
 
緊急時7秒で設置!?後続車に停車を警告、追突事故からドライバーと同乗者の命を守る傘型停止表示板PULLi(プーリィ)

拡大 ( Size : 70 kb )
 
製造元 : EFG
メーカー希望小売価格 : 9,300
価格 : 7,800円(税込)
ショップポイント : 5
数量    残りあと5個
 
 5000円以上は配送料無料
 
 
 

☑ 三角版の設置で怖い思いをした方に

☑ 敏捷に動けない女性やお年寄り☑足が不自由な方に

☑ 仕事、通勤、レジャー等で高速道路を使う方に

☑ 交通安全に関心のある方に

今までは三角表示板をクルマの後方(50m後方が推奨されている)に置きに行くという手間と時間がかかり、同時に道路上を歩くという危険を冒さなければいけなかったが、これならクルマから離れずに設置でき後続車に「なんだあれは?」と思わせられるメリットは大きい。もちろん、夜間も表示部分に特殊な反射物質が使用されているので、後続車のヘッドライトを拡大反射させることができる。使い方は簡単。ケースの底がマグネットになっているので、トランクに張り付け、中の表示ユニットを引き出し、傘上の部分を開けばセット完了。


●夜間でもヘッドライトの光を効率的に反射するガラスビーズを使用、従来の三角停止表示板より7倍大きくて約7倍明るく250m程離れた所からでも見える
●警察官と消防士が使用する反射材を採用、高速道路での赤いテールライトやブレーキ灯との識別を明確に区分

●強力なネオジム磁石により車体の鉄製部分のどこにでもしっかりと固定、スクラッチ防止パッドが付いており、車体に損傷を与えないように設計
●ケースにマグネットが付いているので、トランク内に取り付けての保管が可能、荷物に埋もれてしまう心配と探す手間もなし
●任意の方向から16m/sの強い風が吹いても上下左右、360度回転するだけ、安全テスト検証済み
●世界の展示会、発明展で安全性が認められた発明品、突然の雨には傘として使用可能

【この動画をご覧ください】→ YouTube 動画

この動画を見てもらえば、プーリーがいかに安全性が高い装置であるか一目瞭然です。
 

追突防止装置の必要性

国内の交通事故の中で死亡者数が増加傾向にある原因は高速道路での二次追突事故が原因。単独事故や故障、煽り運転により道路上に車を停車させる場合に安全対策が必要となりますが、三角停止表示板を車に備えていない場合が半数以上。また、三角停止表示板があっても、トランク内の荷物に埋もれていたり、表示板を取り出してから設置までに時間が掛かってしまう場合が非常に多いのが現状。

車両から50m以上離れた位置に設置しなければならなので、時速100km以上で走行してくる後方車に向かって危険を冒して設置し、後で回収しなければなりません。やっとの思いで設置したとしても、サイズが小さく地面の低い位置に設置されることで、後方車のドライバーは識別が容易でないうえ、後方車の後ろに続くドライバーは前の車が急に車線変更をした場合、故障車と追突してしまう危険な状況になりかねません。発炎筒は通常、有効期間が4年で、燃焼時間も5分程度と短く対処方法では、二次追突事故から生命と安全を守るには限界があり、二次追突事故が絶えず発生しています。

(2017年、日本の類型別交通事故件数のうち追突事故が 167,845件(36%)と最も高い割合)
※平成30年2月、警察庁交通局「平成29年中の交通事故の発生状況」(3)事故類型

傘型停止表示板 PULLi(プーリー) とは

■事故現場で誰でもより簡単に、より早く安全対策をとることができる装置
■設置が簡単、かかる時間もたった7秒
緊急な状況になると、人はパニックに陥り対処に時間がかかる傾向にあります。安全用品は、シンプルで簡単に使うことが出来る必要があると思います。PULLiは子供でも簡単に設置することができる程に便利なワンタッチ傘構造の製品です。一般の三角停止表示板が設置に平均1分37秒かかるのに対し、PULLiはわずか7秒で設置可能(約14倍短縮)

■一般の三角停止表示板より目立つ7倍の大きさと約7倍の明るさ

時速100kmで走る車の7秒間の走行距離は200メートル。そこで、現在使用中の発炎筒、三角停止表示板は、サイズが小さく、道路の床に設置されている為、後方車両の運転手が200メートルの距離では識別が難しく、危険な状況で設置したにもかかわらず、後方車両の運転者が発見できずに停車した車と追突事故を起こしてしまったり、設置に時間がかかるため、設置途中に事故が発生したという事故運転者の証言があります。<三角停止表示板を設置している間に発生した事故写真>
■自動車のテールライト、ブレーキ灯と確実に区分される 夜間の道路上で発炎筒や三角停止表示板、ハーザドランプを自動車のテールライトやブレーキ灯と誤解して、車両が停止していることを分からずに減速しなかったことで二次追突事故が発生しています。<実際、発炎筒とブレーキ灯の区別が難しい>
このような問題を解決するためにPULLiは警察官と消防士が使用する白の反射材を採用し、高速道路での赤いテールライトやブレーキ灯との識別が明確に区分されます。交通専門研究機関によると、高速走行時の白い光は、ほとんど逆走行車のヘッドライトの光である確率が高いと運転者が判断し、本能的に避けようとする傾向にあり、速度を落とし、注意深く運転をするようになります。
■電池を使用しないため半永久的に使用可能
LED安全用品はほとんどの場合、長期間保管中に電池の液漏れによる故障発生の可能性があります。しかしPULLiは電池を使用していないので、半永久的に使用が可能です。電池を使用しなくても、後方車両のヘッドライトの光を効率的に反射するガラスビーズ反射板があり、優れた反射効果を発揮します。
■強力なネオジム磁石内蔵で車両のどこにでも固定できる! 車体の鉄製部分のどこにつけたとしもて、強力なネオジム磁石により強風にも影響を受けることなく安定して取り付けられます。またスクラッチ防止パッドが付いており、車体に損傷を与えないように設計されました。
■風の影響を最小化した安全な設計 / 360度回転、上下左右に動くチルト機能が搭載されており、強風にも丈夫で安全です。
初めに風速16m/sの風を起こしPULLiの正面、側面、背面からそれぞれテストして、影響の程度を確認。正面は同じ方向に通過する大型車の影響と仮定し、背面は往復2車線の道路で反対側の車線を通過する大型車の影響と仮定し、側面は一般的な風などの方向予測が困難な自然の風を想定。
(気象庁の風力階級表によると風速16mは「風力7 強風 13.9〜17.1m/s 陸上の状況は樹木全体が揺れる。風に向って歩きにくい」と規定されています)
◆安全テストの結果:正面、側面、背面、任意の方向から16m/sの強い風が吹いてもPULLiは上下左右、360度回転するだけで傘が故障したりPULLiが自動車から外れてしまうなどの問題が発生していないことが確認。

Q&A

Q. 傘なので、風に弱くはないですか?
A. PULLiは、風が吹くと360度回転し、上下左右に動く特殊チルト機能が搭載されており、風に対して流動的に反応します。この方法は、後方車両の運転者へ視覚的により大きな注目を集める効果を与えます。

Q.なぜ星形なのですか?
A.実際の実験を通して特異な星形でする場合、後方車両の運転手により大きな認知効果を与えることで、人間の好奇心を誘発し、自然に徐行を誘導することができます。(高速道路で上り線に事故発生の際、下り線も渋滞する現象と似ている)

Q.赤の反射がより効果的ではないですか?
A.一般的に道路上の赤色の反射の場合には、後方車両が注意信号ではなく、一般的な車両のテールライトと見なす傾向があり、危険性を認知することは困難です。 PULLiは白反射で逆走車両のヘッドライトの色と勘違いするように後方車両の運転手に効果的な徐行と警戒心を与えることができます。このような理由でほとんどの警察、消防士の制服には白色の反射物が使用されています。

Q.車のどこにでも設置可能ですか?
A. PULLiは、強力なネオジム磁石が内蔵されており、車両の外側と内側の鉄の部分にはどこにでも簡単に取付が可能です。8kgの負荷でもしっかり固定。

Q.強力マグネットで車両が傷付きませんか?
A. PULLiはスクラッチ防止フォームステッカーが貼られており、車両外付けの際に車両の表面の塗料スクラッチを防ぐことができます。

Q.既存の三角停止表示板は使用しなくても良いですか?
A.道路交通法の規定上、既存の三角停止表示板の補助として一緒にお使いください。

製品サイズ:10cm × 7cm × 22cm
重量:750g
材質:ABS樹脂、Glass Bead、Ponge、Alloy Alumium
色:レッド単色
同梱ブラケット、補助ネジ、日本語取り扱い説明書

■世界が認めた発明■
2015 07 DU Startup Contest創業アイデアコンテスト最優秀賞
2015 10 ドイツ国際新発明展(iENA)銅賞受賞
2015 11 ソウル国際発明展銀賞2つ、銅賞1つを受賞
2015 12 仁川スターアップコンペ優秀賞受賞
2015 12 京畿道代表米国シリコンバレーVC投資ピッチング大会
2015 12 創業振興院創業アカデミー賞受賞
2016 10 大韓民国安全技術大賞受賞(行政安全部大臣表彰)
2016 11 中小企業長官表彰を受賞
2016 12 水原知識財産センター優秀特許企業受賞
2017 10 安全産業の育成オーディション優秀賞(京畿道知事表彰)
2018 11 イルサン西部警察署は26日午前、2次事故からの市民と警察官の安全確保
のために大型交通事故処理を行うイルサン西部警察署の交通調査チーム事故調査車両に視認性の高い傘型三角停止表示板を配置。

■特許登録2件(中国でも取得)と特許出願12件(日本では特許出願中)
■PULLiはワンタッチ三角停止表示板の設計、開発、および構造にISO9001の認証を取得済。
■株式会社マハローはこの商品の総発売元(株)EFGの正規販売店・広報・法人向けを担当。
法人の方も、気軽にお問い合わせください。

夜間でも遠くからハッキリと停車が確認



ご覧のマハロー直営SHOPは代金引換ゆうパックまたは銀行振込での取り扱い。

カードでのご購入はマハローのAmazonShopをご利用下さい。

URL → https://store.shopping.yahoo.co.jp/mahalo-auto-sunvisor/ 


 

MoterFan 三栄書房のオフィシャルサイトでPULLiが紹介されました。

高速道路等での緊急停止時に、追突リスクを手軽に軽減させてくれる傘、発見!

【交通取締情報】記事の概要はクイックして下さい
By 三栄書房 MoterFan 2018/12/31 「東新宿交通取締情報局」



 

(参)【いま改めて確認したい!〜高速道路緊急時の対処法】政府インターネットテレビ 

2013年10月3日 公開        By 内閣府 制作・著作 内閣府大臣官房政府広報室より

(参) 【安心安全特集】三角表示板 50m以上後方に設置

三角表示板の設置方法  神奈川トヨタ 動画より 


 


 


Copyright © マハロー直営shop All Rights Reserved.   TEL 045-972-4197
商号名 : 株式会社マハロー   代表 : 石原鉄兵
個人情報保護ポリシー 特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 神奈川県横浜市青葉区黒須田19-3
 
 
 
ネットショップ開業ならMakeShop
ネットショップ開業!MakeShopで簡単構築!